注文住宅を購入

ハウスメーカーや一部の工務店での注文住宅とは

注文住宅といっても建築する会社によってその自由度は大きく異なるのです。 ハウスメーカーや一部の工務店の注文住宅とは法律以外にその会社独自で決められたルールや仕様が存在します。そういった決まりの中から施主が自由に注文するという意味での注文住宅なのです。会社によっては何十万、何百万通りの中から選択できるのですべて好みで選んでいった場合ほかの家と同じになる確率はほとんどありませんがそれでもあらかじめ範囲が決められているので自由度で考えると低くなるのです。もちろんその範囲外で購入することも可能ですがそうなると割高な費用を請求されるケースも珍しくないのです。中には費用を払うといっても変更不可な場合もあるので注意が必要です。

設計事務所で住宅を建築する

注文住宅といって多くの人が思い浮かべるのは設計事務所で設計された住宅です。住宅によってほかの住宅とは全く異なる特徴を持ったこだわりの住宅を完成させることができるのです。メディアや雑誌で紹介されている住宅の多くはこうした設計事務所や一部の工務店で建てられた住宅がほとんどなのです。 こうした設計事務所では図面の打ち合わせをしている段階から費用が発生する事務所も珍しくありません。どのようなところにどのような住宅を建てたいという聞き取りが無料で行われその後設計するとなると費用が発生することが多いのです。もちろん中には初回打ち合わせには費用が掛からない事務所もあるのです。一般的にハウスメーカーなどで住宅を建築する際には複数社から見積もりを取ることを勧められますが設計事務所の場合は一つの事務所としっかり向き合う必要があります。

▲TOPへ▲