近年の特徴

注文住宅における取り組みとトレンドとは

注文住宅は今、ローコストによるものがトレンドとなっています。これまでは費用の高さが注文住宅の代名詞とも言えたものですが、長引く不動産価格の低迷に伴って費用も安くなってきています。そもそもは設計事務所において、コストを削減する家造りが求められていたわけですが、最近ではハウスメーカーが坪単価幾らという形での分かりやすい料金体制で提供しています。 元々は建て売り分譲住宅を手掛けていたそのノウハウを活かして、どの建物にも流用できる加工された建材を使用することによって建設コストを抑えています。さらには建設における作業効率の向上によって人件費も抑えることにつながっています。さらには新たな材質による建材の開発も進められることによって、より高品質で低コストの注文住宅が提供されるようになってきています。

そのサービスを利用するために

ハウスメーカーの提供する注文住宅を購入するにあたり、必要となることはあらかじめ用意された設計から選択することが必要となります。つまり、完全なオーダーメイドではなく、選択式による家造りとなるわけです。 用意された間取りや設備などから、住みやすいと思われる組み合わせを選ぶ形で設計をするものとなります。そのために理想とするそのものの家とすることは難しいものですが、限られた予算の中で少しでも求める住みやすさを追求するという意味においては人気のあるものとなります。さらにオプションで最新の設備を取り入れたりデザインに凝ったりすることで納得のいく家を建てることができるようになります。これまでの注文住宅と比べるとかなりの低予算で建てることができることになります。

▲TOPへ▲