伝統的な技術

歴史的建造物を守るために

宮大工は、神社仏閣の建築、修復などを行っています。宮大工となるための、特別な資格は必要ありませんが、日本古来の木造建築の修復には、複雑な細工や寸分たがわぬ精巧さが求められ、手先の器用さが求められます。 伝統的な技法を学び、技術と知識を身につけることが大切です。一般的には、神社、仏閣の建築を手掛ける工務店に、弟子入りすることで技術を習得することが近道となります。 現在、宮大工のなり手は減少傾向にあり、伝統技術を受け継ぐ、後継者が必要とされています。古くより脈々と守り、維持されてきた建造物を後世に引き継ぐことは、歴史を知る上でも重要なことです。これからの若者が歴史的建造物に興味を持ち、新しい感覚で独自のセンスを磨いていくことが期待されます。

注文して建築する方法

高い技術力を誇る宮大工で注文住宅を建てると、きっと満足出来るでしょう。注文住宅では、文字通り注文する事が可能です。一から建築を始めていくので、自分が理想とする住まいを詰め込ませることが出来るので、まさに「夢のマイホーム」と言えるでしょう。コンセプトが明確であれば、宮大工も建築をお願いされた際に、目標を持つ事が出来るのです。注文住宅の建築期間として、一年以上は視野に入れておくべきです。早ければ10ヶ月程で完成しますが、注文が多い場合は軽く一年は超えるでしょう。一般的な住まいで十分だと思っているのであれば、常に出来上がっている建売住宅で十分なのではないでしょうか。宮大工に頼む注文住宅が良いと思っているのであれば、期間を考慮しなくてはなりません。また、それなりに費用が必要であるという事を理解しておきましよう。

▲TOPへ▲